梅見頃の北鎌倉で過ごす早春の1日

02-06

花の名所・古刹めぐりと『鎌倉 鉢の木』にて和食の作法と

"おもてなしの心"を知る

梅の花が咲き誇る早春の北鎌倉。精進料理の名店『鎌倉 鉢の木』にて、2010年APECの際に各国首脳夫人も舌鼓を打った特製精進料理を堪能しながら、代表・藤川氏による和食の作法と「おもてなしの心」を学ぶ特別プログラム。専属ガイドによる梅の名所めぐりもお楽しみください。あなたにとって特別な一日になることをお約束します。

概要

講師 藤川 譲治(鉢の木 代表取締役)
日時

2月27日(月)正午〜午後3時

行程

正午JR北鎌倉駅駅舎側改札前集合…梅の名所・東慶寺と浄智寺を散策…『鎌倉鉢の木』にて講座・昼食(特別精進料理コース)…午後3時同店にて解散

参加費 税込8,700円
定員 18名様 
2010年のAPECの際に提供された特製精進料理コースが、特別に今回のCOTONOWA企画限定で復活します。(写真はイメージです)
2010年のAPECの際に提供された特製精進料理コースが、特別に今回のCOTONOWA企画限定で復活します。(写真はイメージです)
"花の寺"と呼ばれる東慶寺。2月は梅が見ごろです。
"花の寺"と呼ばれる東慶寺。2月は梅が見ごろです。
「ミシュランガイド」にも掲載された『鎌倉鉢の木』
「ミシュランガイド」にも掲載された『鎌倉鉢の木』

【協力】鎌倉 鉢の木

昭和39年の創業以来「丁寧な仕事」を合言葉に 日本料理店ならではの素材を大切にしたお料理とおもてなしを提供し続けている。

【講師紹介】藤川 譲治(鉢の木 代表取締役)

京都での修行を経て、家業を継ぐ。鎌倉の台所として日本料理の継承と充実、「おもてなしの心」の普及に努める。