介護保険の手続きや法改正の動向などもわかりやすく解説

02-29

介護のことまで考えたシニアの住まい選び基礎知識

快適な居住空間とサービスの整った高齢者住宅。(イメージ)
快適な居住空間とサービスの整った高齢者住宅。(イメージ)

介護保険制度施行から16年、介護サービスはなくてはならないものになっています。1人暮らしに不安を感じ始めたとき、介護が必要になったとき「このまま自宅で生活できるのか」と心配される声も多く聞こえてくる中、高齢期の「住まい」と「介護」はいまや身近な問題です。本講座では、複雑化している高齢者の住まい、介護保険の仕組み・法改正の動向などについてわかりやすく解説。将来"もしも"のときの選択は、ご自身のみならず家族みんなの問題に発展する可能性があります。ご自身の将来を考えるきっかけづくり・情報収集にご利用ください。

概要

講師 神奈川県住宅供給公社
日時

2月14日(火)

午後1時30分~3時

会場

京急百貨店10階=バンケットルーム

参加費 税込1,000円
定員 25名様 
持ち物

筆記用具

※資料はお持ち帰りいただけます。

テーマ

① 多様なシニアの住まいの特徴・違い

② 高齢社会の現状と介護保険制度

【協力】神奈川県住宅供給公社

神奈川県の外郭団体。公社賃貸住宅13000戸強の他、自立型介護付有料老人ホーム『ヴィンテージ・ヴィラ』(写真)を5ヵ所818戸提供。


入会のご案内
講座・アクティビティのお申込方法
旅行商品のお申込方法
お申込のキャンセル・変更について