手軽で美味しいかんたん防災食

03-23

学ぶ・つくる・食べる 防災食ランチ講座

防災食ランチ講座

私たちの身にいつ起こるかわからない災害。“もしも”のときに備えて、災害時にどう行動すればよいか、どのような防災食がつくれるかを学ぶ講座です。「火を使わずポリ袋で揉むだけ」でできる美味しいレシピもご紹介。実習でつくったメニューと、美味しい缶詰や野菜ジュースで戻したアルファ化米もご試食いただけます。参加者には「COTONOWA限定防災食セット」をプレゼント!一緒に防災への意識を高めていきましょう!

概要

日時

7月28日(金)

午前10時30分~正午

会場

京急百貨店10階=バンケットルーム

参加費 税込3,240円
定員 24名様 
持ち物

筆記用具

当日カリキュラム

1. 講義「防災食とは? 備蓄の必要性」

2. 防災食ランチと試食品の説明

3. 実習、試食、質疑応答

「ツナと切り干し大根のマヨ和え」
切り干し大根を水で戻さなくても美味しい「ツナと切り干し大根のマヨ和え」
「いかと大豆とひじきの煮物風」。
洗い物の必要なし!ポリ袋で揉むだけでつくれる「いかと大豆とひじきの煮物風」
今泉 マユ子

【講師紹介】今泉 マユ子(管理栄養士・日本災害食学会災害食専門員)

(株)オフィスRM代表。企業アドバイザーとしてレシピ開発に携わる他、多様な資格を活かし講演・講師活動を行う。“もしも”の時に役立つレシピ本『もしもごはん』(清流出版)の著者。